デジタルハンター

東京西多摩を中心に、北海道から沖縄まで。 生き物をカメラで「獲る」ブログ。

長野県安曇野市で出会った、キバネツノトンボ。局地的に棲息する種で、見られる場所ではそれなりに見られるようですが、私の住んでいる東京では絶滅しているようです。この手の生き物は、機会を逃すと、次になかなか出会えなくなってしまうので、出会いがあればきちんと写真 ...

クモマツマキチョウのフィールドを後にし、安曇野市の「国営アルプスあづみの公園」に移動。目的はオオルリシジミ。オオルリシジミは、長野県や新潟県のごく限られた場所のみに棲息している絶滅寸前の蝶で、この公園で保護されている。クモマツマキチョウを観察後、ここに来 ...

6月3日。北アルプスの麓に、クモマツマキチョウを狙いに行きました。 クモマツマキチョウはいわゆる高山蝶の一種で、日本では南北アルプスなど限られた高地帯に棲息する幻の蝶です。 朝5時に東京・福生市を出発し、9時30分に現地到着。気温12度と、この時期 ...

東京都あきる野市 お寺の池のモリアオガエル。ここは、僕が高校生の時に初めてモリアオガエルを見た場所。車を停めてすぐの場所なので、誰でも気軽に観察できます。長靴も必要ありません。今日も、職場の同期が甥っ子の生き物観察に良い場所はないかと聞かれたので、この寺 ...

今日の昼休み、いつも歩いている遊歩道で出会ったアオダイショウ。今日は気温が高くジメっとした気候で風もなく、なかなかの蛇日和でした。 蛇は、まず捕獲してからのヤ●セな撮影が多いですが、この子は日光浴中だったので、自然な姿を撮ることができました。ローアングルで ...

先日の、奥多摩いこいの路・・・今回は蛇には出会えなかった。いつも1匹は必ず出会っているはずなのに。天候の条件も良かったのですが、蛇はやはり運の要素が大きいですからね。というわけで、まだブログなどにもアップしてなかった昨年同日(2016.5.4)に奥多摩いこいの路 ...

某両生類爬虫類団体での越生観察会に参加。トカゲやカエルも当然対象の種にはなるのですが、やっぱりヘビが主役になってくるんですよね。ちなみに、僕はアオダイショウ3匹。他の方がアオダイショウやジムグリ、ヒバカリを捕獲しました。数だけなら僕が勝ちかな・・・(笑)シ ...

 5月4日、毎年ゴールデンウィーク恒例「奥多摩いこいの路」、鳥屋の上司と一緒に歩いてきました。低地よりも遅い春を迎える奥多摩では、山がまだ萌黄色で山桜も咲いています。 小河内ダムから入り、12キロの道を奥多摩湖南岸に沿って歩き、「山のふるさと村」に出て、バス ...

新潟魚沼丘陵は、米どころだけあって水が豊富で生物も多いため、頂点捕食者の猛禽が多いようで、ツミやサシバに出会えました。ウサギの糞も多く、クマタカも見られるようです。人間は、山菜取りのおばあさんと虫取り網やカメラ持ったおじさんがたくさんいるという、不思議な ...

八海山の眺望が素晴らしい丘陵で出会ったシマヘビ。ここは新潟・魚沼丘陵。ちょうど桜の時期を迎えており、カタクリも見ごろです。私の住む東京とは、約一か月遅い春が来ている様子。雪もまだ残っています。しかし、気温はそれなりに高く、この日(2017年4月30日)は ...

あきる野市 高瀬耕地。僕の自宅から、自転車で10分ほどのところにあるフィールド。平井川沿いに位置する田園地帯で、巾着田となっている。東京都内では唯一の巾着田でもあり貴重な場所。この近辺は、オオタカ営巣地もあり、平井川にはサギやチドリ類、カワセミなどが集う ...

本日三つ目のフィールドは、青梅市成木の霞丘陵。ここは丘陵地帯が広がっており、田んぼや畑も隣接。そして湿地帯が広がっている。生き物が生息するには理想的な環境で、イモリやトウキョウサンショウウオも見られ、僕は、この場所で本土産のヘビ全種を確認している。この日 ...

トラツグミ2月5日は、日の出町 野鳥の森を歩いた後は、青梅の永山公園を散策しました。日の出で12000歩歩いた後の青梅丘陵の散策。「風の子太陽の子広場」付近に車を停めて、池を抜けて丘陵地帯を歩きます。ニホンカモシカが多発するので期待もしていましたが・・・ ...

日の出町 野鳥の森野鳥目的と、アカガエルの卵があったらいいなと思って入ったのですが、アカガエルどころか、トウキョウサンショウウオの卵を発見!!。この地域では早いなあ。立春に相応しい日となりました。トウキョウサンショウウオは、町指定の天然記念物ですので、見 ...

2016年2月11日~14日 北海道遠征。2016年は、飛行機を使った遠征に3回も行った年でしたが、いろいろと忙しかったので、ブログアップもできませんでした。渡嘉敷島シリーズに続き、今回からは約一年前に行った北海道遠征のデジハン成果をお伝えします。北海道 ...

渡嘉敷島 1でも少し紹介した、渡嘉志久ビーチ阿波連ビーチに比べると、こちらのビーチには人が少ない。民家もほとんどなく、宿泊施設もホテルがひとつあるだけなので、プライベートビーチ感覚で楽しめる場所。渡嘉敷島を訪れる人のほとんどは海が目的なので、港から宿のバ ...

渡嘉敷集落の水田地帯。いかにもハブが生息していそうな環境。さらに、滞在3日目には日中大雨が降り、夕方には止み、晴れ間が。ハブがよく行動する条件となった。夜になり、田んぼ脇の小道を車で走っていると・・・さっそく現れた。琉球の生態系の支配者、ホンハブ。くらえ、 ...

今回、渡嘉敷島に渡った目的の一つが、マダラトカゲモドキをデジハンすること。マダラトカゲモドキは、クロイワトカゲモドキの亜種の一つで、渡嘉敷島、渡名島、阿嘉島、伊江島に分布しています。環境省レッドリストでは絶滅危惧種1B類に指定され、特に渡嘉敷島以外の島では ...

南西諸島のフィールドは、総じて渓流沿いの林道がメインとなります。本土では重要なフィールドである水田も、沖縄では限られた場所にしかありません。かつて、僕が初めて沖縄フィールドを訪れた時、水田地帯の少なさゆえどこから攻めて良いのか困惑したものです。昔、沖縄に ...

7月に渡嘉敷島に行ってきました!次の二種の生き物に会うことが主目的です。1.マダラトカゲモドキ昨年9月、やんばるでクロイワトカゲモドキを初めて見て感動して以来、南西諸島の島々に住む全亜種を制覇する野望を打ち立てました。そして今回、2種目マダラトカゲモドキ ...

デジハンの時間がなかなか取れず、昼に弁当を食べに行く途中の路で、10分くらいデジハンできる程度ですが、そんな中、出会う鳥たち。シジュウカラヒヨドリと柿。コゲラカルガモ ...

シロフクロウ某町の産業祭りにて。なでるとかわいらしい声で甘えてきます。 ...

FJクルーザーがもらい事故を受けて3カ月。やっと入院が終わり、戻ってきた。その代車としていた、ハブリッドカー トヨタ・アクア。キング・オブ・大衆車だけあって、燃費がいいし、小型で小回りが利くし、いい車でした。3か月も乗ると、もう「車歴」に、アクアを連ねても ...

今年の7月のネタなのですが、ヒガシニホントカゲの孵化です。職場で、公園に植物を植えようと土を掘り返したところ、トカゲの卵が出てきたということで、プリンカップに入れて、孵化させました。このベビートカゲたちは、僕が講師を務めた自然観察会の際に、子供たちの手で ...

今更ながら、リコー GRを入手! ・・・というのも、このカメラ、2013年5月に発売された機種なのです。 本来僕は、デジタル機器・・・特に進化の激しいデジカメについては最新のものを買う主義です。 しかし、GRは、イメージセン ...

栃木県さくら市 鬼怒川のそばにある小川。湧水で透明度が高く、美しい水。9月9日夜から10日にかけての大雨からまだそう日が経ってない時だったのでその爪痕が随所に感じられました。しかし、ここさくら市は、堤防決壊の常総市のような、街への被害はなかったそうです。 ...

オキナワシリケンイモリ今回は、痩せてる個体を多く見かけた。ペット用の乱獲で数を減らしていると言われつつも、アカハラと比べると、いまいち飼育されている気もしない。よく出会うのだが、分布は限られているし、個体数自体がもともと限度があるのかもしれない。少し大き ...

ミドリヒョウモン。同じく入笠山にて。夏に導入した新兵器 Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRで撮影したのですが、ボディが古いNikon D7000で、テレコンかませていても、かなりの解像をしてくれました。軽さ・望遠力・解像度と高い次元で兼ね備えており、獣も鳥も昆虫 ...

東京ではツクツクボウシは先週まで鳴いていたが、まだ鳴いているかな。アブラゼミも、息絶え絶えの個体が10月にも見られて、最近は10月中旬くらいまで夏といってもいいのかな?と思ってしまいます。なかなかアップできなかった夏にためたデジハン記録を、秋の夜長を利用 ...

正体は太ったアナグマ? 確かにイラストもそっくり九州で相次いでクマのような生き物が目撃された騒動は、意外な結末を迎えましたこんなニュースがありましたね。大きさが全然違うし、目撃者のイラストには尻尾もあって、わりと結構アナグマを忠実に描いている感じだったの ...

昨日、職場近くの公園で、上司が見つけてくれたジムグリの幼蛇です。 この公園では、アオダイショウはよく見るし、シロマダラも一度死体を見たことがあるのですが、ジムグリは初めてだったので貴重な記録です。 こんな感じの、住宅街に隣接した公園。 写真は4月に ...

デジハン車両の「FJクルーザー」!! 納車した日の写真。 まだノーマルのまま。 FJ歴、もう少しで2年になります。 見た目が騒がれる車ですが、走行性能も高いし、オンロードでも乗っていて楽しい車ですよ! オフロードは言うに及ばず。 パートタイム四駆の駆動力、ラダーフ ...

2015.9.4 アカマタ今回のやんばる遠征では、あまりヘビには会わなかった。アオヘビ、ガラスヒバア、アカマタそれぞれ1匹づつ。1日半くらいのフィールドでしたが、沖縄では道路に出てくるヘビが多いので、普段は1日だけでも、アオヘビやアカマタなど個体数の多いやつには ...

つい数ヶ月前に、東京都青梅市から、福生市に引っ越しました。僕の住んでいた青梅市河辺町は住宅街で周囲にお店も多く大変便利でありながら、豊かなフィールドまで10数分でいけるという、ある意味最高のデジハン環境でした。新たな拠点・福生市は、青梅市よりも、もう少し ...

クロイワトカゲモドキも、前回遠征で出会えなかった種。今回は、2個体に出会いました。最初の個体は、林道の入り口に車を止めた際、ライトに照らされて、ヒョコヒョコと森の中に入って行く姿が車内から見えたので、猛ダッシュで近づきましたが、すでに逃げていました。写真 ...

9月3~5日まで、沖縄本島はやんばる地方にデジハン行ってきました。やんばるは、2012年に初めて行って以来、3年ぶり2度目。前回のデジハンで漏らした種が主な狙いです。本来は4泊5日で行きたかったところですが、仕事の都合で短縮せざるを得なくなり、2泊3日し ...

当ブログでアクセス数が一番高い記事は、昨年夏の「ミヤマクワガタ」採集の記事です。夏になると顕著で、常にトップ。試しに、「奥多摩 ミヤマクワガタ」で検索すると、そのページがそこそこ上位に出てくる。なるほど・・・。二番人気の記事は、愛車のFJクルーザー関係。し ...

職場で、スマホのカメラで撮影した蛇や虫などを見せて「これ何?」「毒ないよね?」とか。なんて僕に聞いてくる人がいる。・・・・いやあ、みなさんデジハンしてますね!デジハンはプロローグにもあるとおり、「作品」ではなく「記録」。スマホカメラでお庭や通勤中に現れた ...

アオダイショウ6月7日 青梅市大荷田にて。皮手袋をはめた手に向かって攻撃している瞬間。かなり攻撃的な150cmほどの個体。久々に真正面から挑んだが、手袋でガードしてない手首部分を軽く噛まれて流血。イタチやマングースがヘビと戦っているシーンを見ると、ヘビの ...

仕事の昼休み、時間のある時は、昼食後に20分ほど、職場周辺の林や池の周りを歩いたりする。 職場は街中にあるものの、狭山丘陵に隣接した場所にあるので、少し歩くと自然豊かなフィールドにいける。 5月27日 カブトムシ・コクワガタ 毎年この ...

鳩ノ巣渓谷アカクビナガオトシブミアカマキバサシガメ ...

GWもデジハン!!場所は毎年恒例の、奥多摩いこいの路。奥多摩湖をぐるりと周る12キロ。木の葉が濃緑になってきた東京平野部よりも若干季節が遅れているため、この時期の奥多摩は萌黄色の山々がとても美しく、終始奥多摩湖の湖面を眺めながら散策できる、デジハンならずと ...

4月25日 新潟県 魚沼丘陵。東京はもう暑さを感じる日もあるほどだが、新潟はまだ雪が残っており、桜やカタクリも東京より半月以上遅いようだ。 カタクリ群落にいたアマガエル ギフチョウ 今回の目的の種。残雪の上を飛ぶギフチョウ カタクリの上を舞うギフチョウ ...

平成26年9月24日「鬼怒川河川敷」の続きのデジハン記録。栃木県は喜連川に遠征。この遠征は、河川敷に生息する希少種シルビアシジミ目的のデジハンだが、自然豊かで水域も多いこの地域では、他の生き物も豊富。特に水生昆虫を網でガサガサやって捕えることも、サブ的な ...

1月11日、狭山丘陵にて 野鳥観察会!メンバー4人東京都・瑞穂町 狭山丘陵の西端部を、約2時間かけて歩く。北狭山谷カワラヒワモズシメカシラダカエナガチョウゲンボウとカラスが争っていました。チョウゲンボウがカラスを追ってますが、狩りではありません。カラスにちょ ...

2014年9月末に撮られたもの。「ハトの卵を狙っているアイダイショウがいる!」と、職場の某施設の館長さんより連絡をもらった。どうやら、施設内の植木の木を切っていたところ、見つけられたらしい。自分は仕事が忙しくて行けなかったのでやむなく、デジカメによる記録 ...

2014年11月8~10日に行った宮古島での記録。観光メインで、観光やグルメのついでにデジハンといった感じだったので、記録生物種は少ない。宮古島は、西表やヤンバル・奄美等と比べると、開発が進みすぎているし、いまいち生物的にパッとしないイメージがあり、あま ...

↑このページのトップヘ