デジタルハンター

東京西多摩を中心に、北海道から沖縄まで。 生き物をカメラで「獲る」ブログ。

上野 国立科学博物館で開催中の「太古の哺乳類展」に行きました。…恐竜に比べると、いまいちマイナーな太古の哺乳類たち。世界的にも恐竜に比べて、ずっと研究者が少ないそうです。大繁栄、そして絶滅…というドラマを持つ恐竜にくらべ、現代にも種をつなぐ哺乳類がインパ…
>>続きを読む

「野生のミヤマクワガタを捕まえたい」という一言から始まった、今回のミヤマクワガタプロジェクト(略してMKP)。提言者のNさんは、当ブログでもお世話になっているGodspeedさんのご友人。区部にお住まいの方なので、山地に住むミヤマクワガタを野生で見たことが無いとのこ
>>続きを読む

6月14日、奥多摩と、そのさらに奥の丹波山でデジハン。ニホンカナヘビヒガシニホントカゲモリアオガエルモリアオガエルの卵塊ヒバカリモリアオの卵の下にいました。この池にいるアカガエルのオタマたちが餌食になっているようです。ウラクロシジミのサナギウスバシロチョ
>>続きを読む

すっかりご無沙汰していました^^;ブログ引越ししてから、気合いれて、規則的な生物名と学名の記載、カテゴリーは、生物種のタブと、生息地によるジャンルわけのカテゴリーによるシステムを構築。確かに非常に整理できるようになったのはいいのですが、難点として、更新が
>>続きを読む

GWは、混んでいるのと、旅費が高くつくので毎年あまり遠征などをせず、近場で済ませます。今年も例年と同じく、職場の上司と奥多摩に入りました。この時期の奥多摩山間部は、緑が深くなってきている平野部と比べて、まだ黄緑色の新緑が美しいです。桜もまだ咲いていたりしま
>>続きを読む

アップする機会を失ってしまいちょっと古いネタですが…4月13日 奥多摩某所。3月に降った大雪のため、まだ雪がたくさん残っていました。昆虫綱 チョウ目 シジミチョウ科  Celastrina siugitaniiスギタニルリシジミ今回の目的はコレ。この時期に一瞬だけ現れる。生息
>>続きを読む

昆虫綱 ハチ目 アリ科  Formica japonicaクロヤマアリミツバチの死骸を運搬するアリ。鉄板の上によじ登ろうとしています。ミツバチは、針の部分がもげているように見えるので、敵と戦って戦死したハチかなと思えます。体中の花粉からすると、死ぬ間際まで働いていたのかな
>>続きを読む

アカガエルのオタマジャクシ。おそらくヤマアカガエルもニホンアカガエルも混ざっていると思います。卵のとき確認したので。ヤマアカガエルとニホンアカガエルは見た目はそっくりですが、鳴き声が違うので自然状態で交配にいたることはほとんどなく、万が一交配しても染色体
>>続きを読む

単子葉植物綱 ユリ目 ユリ科  Erythronium japonicum カタクリ7年間生き物ブログやっていて初めての植物ネタ^^;。植物にはもともと全く興味が無かったのですが、フィールドに出るようになってから植物も知らないといけないなということで、最近は少しづつ注目し始めて
>>続きを読む

両生網 無尾目 ヒキガエル科  Bufo japonicus formosusアズマヒキガエル 2014.3.19今年は大雪のためか、アカガエル類の繁殖が遅かったが、ヒキガエルは例年通りか、むしろ早いくらいでした。このオスのヒキガエルは、住宅街にある調整池に繁殖のため向かう途中。住宅街の
>>続きを読む

デジタルハンターにとって、一番大事な道具は言うまでもなくデジタルカメラだが、デジ標本を保管・整理するための、「デジタル標本箱」も欠かせないアイテムだ(つまり・・画像を保管・編集するための、パソコンやスマホ、ハードディスク、USBメモリ、カードリーダー等々デジ
>>続きを読む

平成25年11月23日、千葉県は房総丘陵のフィールドに入った。私の地元東京西多摩では、秋冬の山は、紅葉・落葉または植林の杉が主流なだけに、身近な房総の、冬でもこんもり青々とした照葉樹林の丘陵を見ると、毎回とても不思議な感覚に襲われます。今回はルーミスシジ
>>続きを読む

2月23日、あきる野市横沢入。例年なら、そろそろアカガエル類が繁殖に集まりだすころですが、さすがにこの積雪では出てきていない模様。アカガエルたちは、温度も関係あるのかもしれないが、毎年の傾向からどうやら降水に触発されて繁殖活動をスタートさせるようだ。予報では
>>続きを読む

フィールドに向かう際に欠かせない道具・・・いや「相棒」というべき、クルマ。昨年末、4年間共にフィールドを戦ってきた戦友、JEEP KJチェロキーのレニーとお別れをしました。 レニー(KJチェロキーのグレード・レネゲードより)と名付け可愛がってきましたが、6万キロ
>>続きを読む

爬虫網 有鱗目 ヘビ亜目 ユウダ科 Rhabdophis tigrinusヤマカガシ 2013.11.22013年のラストスネーク。2月は、アカガエルの産卵など各種イベントもあるし、両爬対象でも意外とヒマな時期はないもの。・・・最近、シグマ製のレンズが立て続けに壊れた(150-500mm、18
>>続きを読む