DSC_0067-3

単子葉植物綱 ユリ目 ユリ科  Erythronium japonicum
カタクリ


7年間生き物ブログやっていて初めての植物ネタ^^;。
植物にはもともと全く興味が無かったのですが、フィールドに出るようになってから植物も知らないといけないなということで、最近は少しづつ注目し始めています。
ブログでも、ちょいちょい取り上げて行けたらなと思います。

・・・というより、ブログ引越し後アクセス数が伸び悩んだが、「FJクルーザー」や「USBWIFIストレージ」の記事からアクセスが増えてきたことから、
メジャーな話題である、今が旬のカタクリ群生地を記事にしてみたり・・・


カタクリは、スプリング・エフェメラル(春の儚きもの)と言われるように、早春の短い期間だけ花をつける多年草。その名の通り、昔は根が片栗粉の原料になっていました。比較的日の差し込む林の中に生え、各地で減少しています。種子は、アリの好む物質が付着しており、アリに種子を運ばせることで拡散します。この時期になると各地のカタクリ群生地に、見物客が殺到します。

このカタクリは東京都瑞穂町のカタクリ群生地「さやま花多来里の郷」で、見ごろを迎えて数日経つので、そろそろ終盤といったところでしょうか。今日は良く晴れているので、カタクリを見るには最後のチャンスではないでしょうか?興味ある方は、カタクリ群生地に出かけてみては。

・・・アクセス数アップが楽しみだ