アップする機会を失ってしまいちょっと古いネタですが…


DSC_0107

4月13日 奥多摩某所。3月に降った大雪のため、まだ雪がたくさん残っていました。


DSC_9125
昆虫綱 チョウ目 シジミチョウ科  Celastrina siugitanii
スギタニルリシジミ

今回の目的はコレ。この時期に一瞬だけ現れる。
生息域も限定的なので、今回のように蝶屋と一緒でないとなかなか見かけることはないだろう…。


DSC_9159

スギタニの羽の表側。このチョウはとまってもなかなか羽を開いてくれない。
まだ体温が温まっていない時間帯だと広げてくれる。
よく羽を開いてくれる個体もおり(まだ温まってないのか個体差なのか)、それを狙うとこのように表が見られる。


DSC_0111
エイザンスミレ

よく見かけるタチツボスミレのような丸い葉ではなく、裂けた葉が特徴。エイザンは比叡山のこと。


DSC_9145
ヒトリシズカ

名前の由来は、花穂を静御前にたとえ、茎に一花穂がつくことから一人としたもの(フタリシズカに対して)。
野草・雑草は、そこいらに生えているちょっとしたものでも、どれも綺麗な名前がついているもの。
いわゆる貧乏草も、ハルジオン(春紫苑)、ヒメジョオン(姫女苑)だもんなあ。