12月27日、房総丘陵フィールド。
今年最後のデジハンフロンティア!!

フィールド仲間かつ職場の上司でもあるバタフライハンターさんとの、毎年恒例となっている房総攻め。
目的は、シジミチョウ等の集団越冬なのだが、目的はゆるく、この時期に攻められるフィールドは限られているので、温暖な照葉樹林帯の房総というわけ。

地元の東京西部を出発し、アクアラインを通って房総半島へ。
都会から、トンネルを通って一気に農村の広がる房総に抜けるアクアラインを通ると、
異世界にワープしたような気分になれる。
「国境の長いトンネルを抜けるとド田舎であった。」という感じ。

081934_GF


海ほたるで、腹ごしらえのアサリ丼を食べ、アクアラインを抜け、房総フィールドへ。


装備は、
NikonD750+トキナーの魚眼ズームに、
NikonD7000+105mmマクロ。
サブ機として、CASIO EX ZR510

対昆虫戦の装備。
35mm換算150mm相当の望遠域を持つマクロで解像感の高い画像を獲りつつ、間合いをつめ、超接近戦のフィッシュアイで、生息環境も取り込んだ画像を獲る。
D750はFX機で、トキナー魚眼はDX用なので、広角域ではケラレてしまうのだが、望遠域では問題なく使用できる。
D750のチルト液晶と、接近戦超広角の魚眼は相性がいい(地ベタの生物など)
コンデジのZR510は、環境などを記録するため。


112932

第一フィールド。マテバシイの茂る森。

目的はオオキンカメムシの集団越冬。
昨年来たときよりも、木がかなり伐採されている。
大丈夫か?


111645オオキンカメムシ_GF



との心配をよそに、オオキンカメムシ発見!
南方系のこの昆虫は、本州でも南部に多く見られる虫で、私の地元ではお目にかかれない。大きさはカナブン並もあり、この派手な色彩。
冬でも青々と葉をつける照葉樹林に覆われた森にこのような生き物が住む房総は、この時期に、少しだけ南方フィールドの雰囲気が味わえる場所。

113621ムラサキツバメ_GF

ムラサキツバメ。
マテバシイなどが幼虫の食樹となる。近畿以西にいた蝶だが東に進出して近年では東京でも見られるようになっている。しかし集団越冬が見られるのは、照葉樹林が広がるような場所。
関東の冬は寒く、越冬していても多くは冬を乗り越えられず死んでしまうそうだ。




113840ムラサキツバメ_GF

羽を開いた♀。
114741ムラサキツバメ_GF

こちらは♂。濃紺が美しいものの、♀の方が鮮やかで、知らない人が見ると、雌雄逆に見えるかもしれない。


115449(1)ムラサキツバメ_GF

羽を広げて体温を高めます。完全に温まると飛び回って、なかなか撮れない。


121349
こんな時期にアザミ。さすが南関東。


124317_GF


照葉樹林フィールドはここで終わりにし、午後は別のフィールドへ。
その前に、「道の港」と銘打っているこのまるたけで昼食。


125246_GF


あおさラーメン。こういうところのラーメンははずれも多いが、
細麺にあおさの磯の香りで、なかなかウマい。



133052_GF


第二フィールドは、海。
砂浜と岩場を歩いたが特に生き物はいなかったので、魚を狙って海辺に集まる鳥たちを狙う。

装備を空中戦用に切り替え!

Nikon D90+SIGMA150-500mm

昨年の房総丘陵フィールドの際に、AFがいかれてしまって、眠っていたが、1万円程度で修理可能なので復活させた。

初めての一眼レフD90と、それとほぼ同時に買った150-500mm。もともと、超望遠としては最も安価な部類だし、またいずれも少しガタがきているが、南西諸島遠征では天然記念物級の鳥たちを狩って来た古参の相棒。

134248_GF_GF

ノスリ。トビと紛らわしいが、白っぽいのですぐわかる。また、トビと違ってよく羽ばたいて飛んでいる。


140625_GF

コガモ
141722_GF

トビ。川や農地で見かけるトビは警戒心が強くすぐ逃げてしまい、とまっている姿もあまり見かけないが、海のトビは人が近づいても逃げない。10mくらいまで近づける。


141737_GF

トビの飛翔。



142535_GF

カモメ。何カモメかは不明。


142822_GF

カワセミ。
海でカワセミを見たのは初めて。磯で魚を狙っていたりとか、少々違和感のある光景。
145111(1)_GF


チョウゲンボウ。これは海ではなく、農地にいまいした。写真では見づらいが、バッタを捕まえて、この後食べていました。この時期にバッタがいるのが謎だが。


161328_GF


帰り道。
農村、漁村からあっという間に大都会へ。