9月3~5日まで、沖縄本島はやんばる地方にデジハン行ってきました。

やんばるは、2012年に初めて行って以来、3年ぶり2度目。前回のデジハンで漏らした種が主な狙いです。
本来は4泊5日で行きたかったところですが、仕事の都合で短縮せざるを得なくなり、
2泊3日しか滞在できませんでした。

この滞在期間だと、無駄に新規フィールド開拓している暇はなく、前回最も結果が良かったフィールドだけに的を絞ります。
また、1泊目は名護市のホテルなので目的フィールドの夜デジハンはできません。

なので、「ま、1種類でも新記載の種に出会えればいいかな!」的なノリでフィールドを歩いていました(9月に発生するヤンバルテナガコガネへの淡い期待から、歩きながらつい木の幹に目が行っていたりもしたが)

そんな中、出会ったのがリュウキュウヤマガメ。


DSC_1469

実は、3年前遠征の4泊5日間では、リュウキュウヤマガメは死体を1個体見ただけで、出会えなかったのに、今回は2個体に出会いました。
たまたまなのか、雨量や季節の条件なのか。
いずれにしても、僕にとって貴重な初めての記録です。

また、渓流に浸かってお亡くなりの個体にも出会いました。大雨などで流されて溺れたのかな・・・。

DSC_1724

陸生のカメだけあってカメにしては素早く動けるのだが、人が近寄ると、まずはじっと岩のようになってやり過ごそうとします。

渋い中にもチラリと美しさを見せる、魅力的なカメですね。