デジハン車両の「FJクルーザー」!!



BlogPaint
納車した日の写真。
まだノーマルのまま。
FJ歴、もう少しで2年になります。

見た目が騒がれる車ですが、走行性能も高いし、オンロードでも乗っていて楽しい車ですよ!
オフロードは言うに及ばず。
パートタイム四駆の駆動力、ラダーフレームの頑強さもさることながら、
何よりもアプローチ・ディパーチャー・ランプブレークオーバーアングルの優位性が、ひどい悪路を走っていると光りますね!。
一方、車幅の大きさは欠点ですね。やはり林道が狭くなると、戻れるか不安になります。 まあ、その車幅や車重もまた、排気量と合わせて、安定したハイウェイ走行に1役買ってるのですがね。

四駆能力、上記のアングルに加え、車幅も含めて日本のオフロードの実用面での最強はジムニーに相違ありませんが、
本格的なオフロード車であり、かつ高速道路も得意、そしていわゆる広義の意味での「ジープ」に乗りたいとなると、今の国産車ではFJ一択かもしれません。

BlogPaint
ノーマルもいいけど、こういう個性ある車は、やはりカスタムしないとね。

・・・とはいっても、見た目だけにそうそうお金もかけられないので、まずグリルだけ交換。



  BlogPaint
初期にくらべると、だいぶアグレッシブな外見になりましたね!

グリルをハマータイプのブラックに変えて、フロントとサイドをブラックに。ポップにもワイルドにもラグジュアリー風にも、乗り手のタイプに合わせて変化できるのがFJなので、どんどんカスタムしないともったいないんですよ。

・・とはいっても僕はやっぱりお金をあまりかけられないので、上から両面テープで張り付けるタイプで妥協。
しかし、純正に比べると、ゴツゴツした凹凸があって、個人的にはいかつくなってお気に入りだった。


・・・が、8月に、もらい事故で、バンパーがへこんでしまいました。3台の玉突き事故でしたが、FJのおかげで自分たちはまったく無事で、
あらためて、この頑強な車に、無駄にガソリン食わせてないなと思い知りました。

しかしこのせいでパーツが壊れてしまったので、純正のブラックパーツに交換してもらうことに。

このいかつさは無くなってしまうけど、両面テープで貼った貧乏くさいものだったので、
純正のブラックになるのであればヨシとするか。 


現在は、代車のアクアに乗っています。結構修理が長くもう2カ月以上経つけど、そろそろFJのパワフルな走りが懐かしくなってきた。
早く帰ってきてもらって、久々に高速で、オフロードで、ぶっとばしたくなってきた!

ハイブリッドに慣れてしまって、ガソリン消費感覚がくるってしまってるのが怖いけど^^;