BlogPaint
オキナワシリケンイモリ

今回は、痩せてる個体を多く見かけた。

ペット用の乱獲で数を減らしていると言われつつも、アカハラと比べると、いまいち飼育されている気もしない。よく出会うのだが、分布は限られているし、個体数自体がもともと限度があるのかもしれない。

少し大きかったり、ボディの模様に抵抗あったりするのかな。陸生であることも、飼育難易度を少し上げているかもしれない。
この模様のおかげで、アカハラの腹以上に、一目でわかる個性になっていたりもするのだが。


CIMG1126
個体数の減少には、交通事故死も多そう。
今回、自分も、あやうく横断中のイモリを轢きそうになり、救出。