デジタルハンター

東京西多摩を中心に、北海道から沖縄まで。 生き物をカメラで「獲る」ブログ。

タグ:昆虫類

南西諸島のフィールドは、総じて渓流沿いの林道がメインとなります。本土では重要なフィールドである水田も、沖縄では限られた場所にしかありません。かつて、僕が初めて沖縄フィールドを訪れた時、水田地帯の少なさゆえどこから攻めて良いのか困惑したものです。昔、沖縄に…
>>続きを読む

栃木県さくら市 鬼怒川のそばにある小川。湧水で透明度が高く、美しい水。9月9日夜から10日にかけての大雨からまだそう日が経ってない時だったのでその爪痕が随所に感じられました。しかし、ここさくら市は、堤防決壊の常総市のような、街への被害はなかったそうです。…
>>続きを読む

ミドリヒョウモン。同じく入笠山にて。夏に導入した新兵器 Nikon AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRで撮影したのですが、ボディが古いNikon D7000で、テレコンかませていても、かなりの解像をしてくれました。軽さ・望遠力・解像度と高い次元で兼ね備えており、獣も鳥も昆虫…
>>続きを読む

東京ではツクツクボウシは先週まで鳴いていたが、まだ鳴いているかな。アブラゼミも、息絶え絶えの個体が10月にも見られて、最近は10月中旬くらいまで夏といってもいいのかな?と思ってしまいます。なかなかアップできなかった夏にためたデジハン記録を、秋の夜長を利用…
>>続きを読む

仕事の昼休み、時間のある時は、昼食後に20分ほど、職場周辺の林や池の周りを歩いたりする。 職場は街中にあるものの、狭山丘陵に隣接した場所にあるので、少し歩くと自然豊かなフィールドにいける。 5月27日 カブトムシ・コクワガタ 毎年この…
>>続きを読む

GWもデジハン!!場所は毎年恒例の、奥多摩いこいの路。奥多摩湖をぐるりと周る12キロ。木の葉が濃緑になってきた東京平野部よりも若干季節が遅れているため、この時期の奥多摩は萌黄色の山々がとても美しく、終始奥多摩湖の湖面を眺めながら散策できる、デジハンならずと…
>>続きを読む

4月25日 新潟県 魚沼丘陵。東京はもう暑さを感じる日もあるほどだが、新潟はまだ雪が残っており、桜やカタクリも東京より半月以上遅いようだ。 カタクリ群落にいたアマガエル ギフチョウ 今回の目的の種。残雪の上を飛ぶギフチョウ カタクリの上を舞うギフチョウ…
>>続きを読む

平成26年9月24日「鬼怒川河川敷」の続きのデジハン記録。栃木県は喜連川に遠征。この遠征は、河川敷に生息する希少種シルビアシジミ目的のデジハンだが、自然豊かで水域も多いこの地域では、他の生き物も豊富。特に水生昆虫を網でガサガサやって捕えることも、サブ的な…
>>続きを読む

2014年11月8~10日に行った宮古島での記録。観光メインで、観光やグルメのついでにデジハンといった感じだったので、記録生物種は少ない。宮古島は、西表やヤンバル・奄美等と比べると、開発が進みすぎているし、いまいち生物的にパッとしないイメージがあり、あま…
>>続きを読む