デジタルハンター

東京西多摩を中心に、北海道から沖縄まで。 生き物をカメラで「獲る」ブログ。

タグ:鳥類

 5月4日、毎年ゴールデンウィーク恒例「奥多摩いこいの路」、鳥屋の上司と一緒に歩いてきました。低地よりも遅い春を迎える奥多摩では、山がまだ萌黄色で山桜も咲いています。 小河内ダムから入り、12キロの道を奥多摩湖南岸に沿って歩き、「山のふるさと村」に出て、バス ...

新潟魚沼丘陵は、米どころだけあって水が豊富で生物も多いため、頂点捕食者の猛禽が多いようで、ツミやサシバに出会えました。ウサギの糞も多く、クマタカも見られるようです。人間は、山菜取りのおばあさんと虫取り網やカメラ持ったおじさんがたくさんいるという、不思議な ...

あきる野市 高瀬耕地。僕の自宅から、自転車で10分ほどのところにあるフィールド。平井川沿いに位置する田園地帯で、巾着田となっている。東京都内では唯一の巾着田でもあり貴重な場所。この近辺は、オオタカ営巣地もあり、平井川にはサギやチドリ類、カワセミなどが集う ...

本日三つ目のフィールドは、青梅市成木の霞丘陵。ここは丘陵地帯が広がっており、田んぼや畑も隣接。そして湿地帯が広がっている。生き物が生息するには理想的な環境で、イモリやトウキョウサンショウウオも見られ、僕は、この場所で本土産のヘビ全種を確認している。この日 ...

トラツグミ2月5日は、日の出町 野鳥の森を歩いた後は、青梅の永山公園を散策しました。日の出で12000歩歩いた後の青梅丘陵の散策。「風の子太陽の子広場」付近に車を停めて、池を抜けて丘陵地帯を歩きます。ニホンカモシカが多発するので期待もしていましたが・・・ ...

2016年2月11日~14日 北海道遠征。2016年は、飛行機を使った遠征に3回も行った年でしたが、いろいろと忙しかったので、ブログアップもできませんでした。渡嘉敷島シリーズに続き、今回からは約一年前に行った北海道遠征のデジハン成果をお伝えします。北海道 ...

南西諸島のフィールドは、総じて渓流沿いの林道がメインとなります。本土では重要なフィールドである水田も、沖縄では限られた場所にしかありません。かつて、僕が初めて沖縄フィールドを訪れた時、水田地帯の少なさゆえどこから攻めて良いのか困惑したものです。昔、沖縄に ...

デジハンの時間がなかなか取れず、昼に弁当を食べに行く途中の路で、10分くらいデジハンできる程度ですが、そんな中、出会う鳥たち。シジュウカラヒヨドリと柿。コゲラカルガモ ...

シロフクロウ某町の産業祭りにて。なでるとかわいらしい声で甘えてきます。 ...

↑このページのトップヘ